総天然色(フルカラー)なPC


これはミルキィホームズ Advent Calendar 2018  の記事です。

またまた、PCネタです。
今回は前のメモリやらファンやらのパーツを組み込んだ、PC全体のお話になります。
つまり、
ミルキィホームズのパソコンを作ってみよう
というのがテーマになります。 ASUSのAuraSync、NZXTのHUE2などの各パーツの発光機能や、LED部分を交換したケースファンを用いて作成ました。

NZXT製の発光制御のパーツ

全体像

ケースをマスキングテープと白塗料でみるみるミルキィ風にしたり、キャラペタシール張ったりと光り物以外にも少し小細工しています。

全体像
側面
正面のファン

若干チープさは否めない外観ですが、中身はLEDによるライトアップでミルキィの各色を表現したつくりになってます。
マザーボードが若干見えにくいかもしれませんが緑色で、メモリ隣の電源ケーブルが黄色、グラフィックボードがピンク、サウンドカードに青色、等々様々な色をちりばめています。
ちなみに、先ほど紹介したHUE2でPC全体のライトアップもしているのですが、下のようにカラーチェンジも自由に行うことができます。

色の変化@ミルシス風

LEDの人工的な光なのに総天然色とはこれ如何にという話ではございますが、これもまた自作PCの醍醐味ではないでしょうか。

以上、ミルキィホームズとPCのコラボレーションでした。

ミルキィホームズ×ベイスターズの話

これはミルキィホームズ Advent Calendar 2018 の記事です。 

今回は2011年に行われたプロ野球、ミルキィホームズゲーム(横浜対巨人戦)を振り返っていこうと思います。

地元横浜ということもあり、ベイスターズファンでもある自分にとってはこのコラボには非常にワクワクしていました。
Tシャツやらタオルやらトートバッグといってコラボグッズつきチケットもありました。

トートバッグの方は今でもハマスタに行くときでも身につけて行きますし、イベントでもたまに持参します。

試合に先駆けて、ミルキィホームズによるライブ、始球式も行われました。

試合前ライブの様子
ハマスタWAVEチャンネルより

こちらは始球式の様子
ハマスタWAVEチャンネルより

今思えば凄いことをやってのけたもんだと思いました。
ご当地とはいえ、まだそれほど浸透していないかつ、当時万年最下位の暗黒時代にあったベイスターズとのコラボというのはなかなか勇気のあることだったと思います。
試合の方は序盤の大量失点が響き、残念ながらベイスターズの負けでしたが、楽しい思い出になりました。

あれから横浜ベイスターズは横浜DeNAベイスターズに生まれ変わり、昨年は日本シリーズにも進出、今年は残念ながら優勝には届きませんでしたが、万年最下位っぷりからは脱却しました。
余談にはなるのですが、私が夏のコミックマーケットでの頒布物にはミルキィホームズとヨコハマスタジアムが描かれています。
これのエピソードを書こうと思ったのは単にベイスターズが日本シリーズに進出したというだけでなく、あの時のコラボもきっかけではあります。
低迷期で現地観戦も億劫になっていた自分に、ハマスタに再び足を運ぶきっかけを作ってくれたミルキィホームズへの感謝というのもありますし、単に自分がミルキィとベイスターズ両方のファンだからっていうのもありますし、そういったコラボもありじゃないっていう感じで描いてみました。

少し脱線しましたが、まとめると、
こんな弱小球団とコラボレーションしてくれたミルキィには本当に感謝しかないっていうことと、この気持ちを忘れずにベイスターズの優勝を願ってこれからも応援していこうと思いますということです。

来期は時間とってもっとハマスタに行きたい……

ミルキィホームズ×デスク周り

これはミルキィホームズ Advent Calendar 2018  の記事です。

この前のは動くデスクトップを作ったわけですが、今回はPCモニター周りのお話です。

現状こんな感じで、正面にミルキィホームズのねんどろやら10周年の時のガチャやらアクリルスタンドやらが並んでおります。
この左右にはモニターが1台ずつありますがごちゃごちゃしてるし趣旨と合わないのでカット

年末に向けてきれいにしとかないと……

短めというか小ネタみたいですがこんな感じで